中国KS開催に関しての公開依頼書/ Malferma Peto pri Ĉi-jara Komuna Seminario

毎年開催国を変えて行われるアジアのエスペラントを使う若者の祭典Komuna Seminario(下記:KS)が、今年は中国の重慶市で行われることは皆様もご存知だと思います。今年の夏頃から私たち、韓国青年エスペラント連絡会(Korea Esperanto-Junularo)のシン(E名:モンデーロ)代表ベトナムエスペランティスト青年機構(Vjetnama Esperantista Junulara Organizo)のネプ(E名:ネポ)代表、そして日本青年エスペラント連絡会(Japana Esperanto-Junularo)の瀬下は今年のKSについて議論を重ねてまいりました。

しかしながら、12月の末という開催日を中国側の開催者たち自身が決定し、催事に1ヶ月を切ったという切迫した状態に陥ってもなお、中国側の代表団体より参加するに足る十分な情報が提供されている、またはしっかりと開示されているとは言い難い状態です。

現状を端的に述べますと、現在、中国のKS開催団体はどれだけの人数が重慶のKSに参加するのか我々3カ国の代表団体に報告するように要請しております。しかしながら、我々3カ国の青年団体代表は何よりも、中国代表団体が十分な催事内容を提示しない限り、参加者の募集に移ることは不可能であると判断し、下記の公開依頼書を以って中国側に下記6つの必須情報(開催場所の情報、参加費用、参加方法、連絡先等)の提供とKS関係の情報を取り扱う環境の改善を依頼する運びとなりました。

我々は中国を非難するためにこの文章を公開しているわけではないこと、これをお読み頂いている関係者の方には寛大な御心を以てお含み頂かなくてはなりません。何故なら、中国も大いに努力をしていることはこの短い間で送られてきている連絡から我々は理解しているからです。また、中国側の代表団体も焦っていることが断続的に送られてくるメールから感じ取ることができます。

「中国と協力し、KSを成功させるためにはどうすればいいのか?」

 私たちの行動には上記の目的があります。従って、この公開依頼書の送付はお互いにKS開催のために何が不足しているのか、より良いKSにするためにはどうすればいいか、国境や言語を越え、共通する中国でのKSの成功という目的のために3人の代表が検討した結果です。加えて、「公開」という形で依頼を開示した何よりの理由は、多くのエスペラントを学ぶ/学んでいるアジア4カ国の青年諸氏、そしてKSに興味を持ち、足を運んできてくれる開催国外のエスペランティスト達に現在の進捗を説明する義務があると、各国代表が共通して判断した故です。

私たちは中国から更なる開催情報が開示されるまで、あるいは中国側からより良い解決方法が提案されるまで交渉と解決策の模索を中国と手を取り模索し続ける所存です。そのためにはより多くの時間が必要となるかもしれません。

大変申し訳有りませんが、暫しの辛抱をお願い申しあげます。

日本青年エスペラント連絡会
代表 瀬下政也

—-

La 36-a Komuna Seminario en Chongqing
開催予定日:12月23日〜28日(予定)
開催場所:重慶市、中国(予定)
遠足:長江(予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です