Like a Native Kiel Denaskulo

ノートにかりかりと書きためたオリジナルの言葉のアイデアが、いつか誰かの母語になるなんてことを、クリエイターが考えたことはあったのだろうか。

エスペラント語は当初、誰しもの第二言語として、文化間、民族間の橋渡し言語としてデザインされた。しかしながら、その一方で世界にはその言葉を第一言語としてしゃべる人が存在している。エスペラント業界ではそのような人たちを”Denaska Esperantisto(生まれながらのエスペランティスト)”と呼んでいる。Youtubeではそのような人たちの生活を垣間見ることができるショートームービーがある:

ウィキペディアのエスペラント語版の中には、ある一定の知名度を誇る人たちだけだと思うが、「生まれながらのエスペランティストのリスト」なるページも存在している。

──エスペラント語の第一言語としての発展は歓迎されるべきか?

このテーマはしばしばエスペランティストたちの議論の対象になる。第一言語として使える人が生まれるということは、エスペラント語が「言語として」より完成していることの証明であると喜ぶ人もいるだろうし、母語話者の存在はエスペラント語の中立性を阻害していると眉をひそめる人もいるだろう。

ただやはり一番大変なのは偶然であれ、恣意であれ、自分の頭の中の言葉が全てエスペラント語になった子どものほうだと思う。近所の他の子どもと遊ぶ時など、エスペラント語が第一言語の子どもは、恐らくまず周囲で話されている言葉を「勉強」しなければならないだろう。両親は子どもをエスペラント語を話す人の集会に参加させたり、エスペランティストを家に泊めたりして子どもの言語能力の向上や維持に努めるのであろうが、それって結局「親の心子知らず、子の心親知らず」になり、子どもがグレてしまうのではないかと考えてしまう(その上、はたしてグレた子どもはグレた子どもの共同体に参画できるのかどうかも怪しい)。

育児に関する机上の想像はどうあれ、ここでクローズアップされている人たちはエスペラント語が母語であることをネガティブには捉えていないようであるが、人々の想像を掻き立てる現象であることは間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です